小円織物有限会社


ブランド
  1. トップ
  2. BRAND

KOEN BRANDは播州織の機屋(はたもと)小円織物のオリジナルブランドです。

播州織とは?

播州織

播州織(ばんしゅうおり)は、西脇市を中心とした北播磨地域で生産される綿織物です。
その歴史は古く、江戸時代中期(11代将軍徳川家斉の治世)の寛政4(1792)年に比延庄村の宮大工飛田安兵衛(ひだやすべえ)が京都西陣から織物の技術を持ち帰ったのが起源と伝えられています。
その後、農家の副業として、西脇市を中心に北播磨地域で生産されたため、当初は「播州縞(ばんしゅうしま)」と呼ばれていましたが、明治時代後期に「播州織」と称されるようになりました。
産地の可能性をアピールする産元、豊かな自然の恵みのなかで最高の技術をもって糸を染める染色業者、磨き続けた最高の技術で対応する織物業者、そして顧客ニーズを踏まえて仕上げをおこなう加工業者、これら全ての人々が繋がり作り上げ、育まれてきたのが「播州織」そのものなのです。

先染めによる平織りが有名で、自然な風合いと豊かな色彩、肌触りの良さが特徴で、主にシャツ地やハンカチとして利用され、そのシェアは国内染織物の70%以上を占めています。かつては欧米はもちろん、中東やアフリカにまで輸出され、世界中のトップブランドがその生地に採用されています。